top of page
検索
  • Kaori Uetake

ナッジ活用時の倫理的配慮について

更新日:2 日前



望ましい行動変容を促すためにナッジを活用する場合、倫理的配慮が求められます。


そのような場合に参考になりそうな情報をリンクでまとめました。



"ナッジをはじめとした行動インサイトの活用は、人々の生活に介入し、行動様式に影響を及ぼすことがあります。従って、その活用に携わる人は、法令の定めるところに加え、高い倫理性が求められるものです。ここで、高い倫理性とは、真摯な態度を持ち、全ての人の基本的人権を尊重するとともに、生命に対する尊厳に敬意を払って、心身の安全に責任を持ち、ナッジ等の対象者のみならず、周囲の人々や社会全体にとって不利益をもたらさないように努めることを意味します。"

「ナッジ等の行動インサイトの活用に関わる倫理チェックリスト(日本版ナッジ・ユニットBEST)」の前文からの引用



ナッジ等の行動インサイトの活用に関わる倫理チェックリスト(発行:日本版ナッジ・ユニットBEST)


①調査・研究編


②社会実装編




人を対象とする生命科学・医学系研究に関する倫理指針(文部科学省)




山根 承子, ナッジ研究における諸課題—倫理的観点から—, 日本健康教育学会誌, 2022, 30 巻, 1 号, p. 68-72



ナッジで、人を動かす ――行動経済学の時代に政策はどうあるべきか(キャス・サンスティーン著)



FORGOODフレームワーク(ダブリン大学)(英語)










閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page