検索
  • Kaori Uetake

【最新調査】環境行動を促進するには、「環境価値」や「モラル(道徳)」のフレーミングが有用


英国のナッジユニットの最新調査の結果をご紹介します。


これまでの研究では、環境行動を促進するために、

「社会規範」(他の人も●●しています)

や、

「コベネフィット」(環境以外の価値の訴求=経済的利益、健康利益など)

を訴求することが効果ありという結果が多かったのですが、


最近行われた調査では、

・「環境」価値そのもの や、

・貧困層の保護や将来の子供への義務といった「モラル」

の側面を持つメッセージが環境行動意図を高めたという結果が出たそうです。



この研究は英国で行われたものなので、日本ではまた受け止め方が異なるかもしれません。


しかし、考えてみれば、人に何にメリットや魅力を感じるかは、時代の空気や移り変わりに影響されるのは当たり前のことですね。


一度得られたエビデンスを使い続けるだけでなく、常に検証、改善を続けることの重要性を感じました。



詳しくはこちらから

https://www.bi.team/blogs/we-need-to-talk-about-climate-but-how/


閲覧数:8回0件のコメント