行動の障壁発見ツール

本ページは、行動インサイトチーム(Behavioural Insights Team)により提供されている

Barrier Identification Toolの日本語版です。BITより許諾を得て掲載しています。

行動変容が難しい理由のひとつは、私たちが習慣を変える際に多くの障壁やハードルに直面するからです。それらの障壁の形や大きさはさまざまです。

  • 能力 Capabilities:肉体的・精神的な面での能力に制限があることです。例えば、もっと活動的になりたい、もっと運動したいと思うのに、腰痛が原因で難しい場合などです。

  • 機会 Opportunities:物理的または社会的環境により行動の変化が妨げられることもあります。例えば、もっと野菜や果物を食べたいのに、食堂で健康的でない食べ物が常に安く提供されている場合です。

  • 動機 Motivations:私たちの意識的・無意識的反応は、行動の促進や抑制に影響します。例えば、体重を管理したいのに、体重計にのるとネガティブな感情が湧いてくるために、体重計を使うのを避けてしまうことがあります。

これらの障壁を発見し、その克服方法を探ることは、行動インサイトをあらゆる問題に適用する上で重要なステップです。

そこで、BITでは、あなたの望む行動に対する潜在的な障壁を発見するための「行動の障壁発見ツール」を作成しました。このツールは、ロンドン大学のSusan Michieと行動の専門家のチームが開発した行動変容の「COM-Bモデル」を使用しており、あなたが望む行動の妨げとなっている可能性のある障壁を見つけ、その対策を行うために役立ちます。

下のリンクをクリックして、変えたい具体的な行動を入力してください。20の一般的な行動障壁を探索でき、あなたの望む結果を妨げている可能性のある障壁を発見することができます。